個人向け融資

キャッシングのことを調べたくてインターネットの検索に「キャッシング」と入れたんです。するとヒットしてきた中にカードローンの内容のサイトが出てきました。あれ?キャッシングとカードローンって同じことなのか?とふと疑問に思って調べてみました。
するとキャッシングとは本来の意味は個人向けにされた小口融資の事で返済方法が翌月一括返済のもののみを言ったんだそうです。しかし個人向け融資のキャッシングの場合はリボ払いなどの分割払いができるのでキャッシングもカードローンも同じような意味合いで使われているのが現状のようです。
そうなると今度はリボ払いと分割払いの違いが気になってきます。キャッシングで分割払いというとリボ払いということになっているようです。リボとはリボルビングの略で英語ではrevolving(回転する)に価するのかな?と思うのですがよく意味がわかりません。
リボ払いとはある一定の金額を返済していくという方法を言うようです。例えば10万円までの借り入れなら月々5千円の返済。10万円以上20万円までなら月々の返済金額は1万円などと予め決まっているという返済方法です。なので使った金額によって返済回数は変わってくるというわけです。
分割払いというのは予め返済回数を決めておいて、その回数で借入金額を割って毎月の返済金額を決めるというものです。微妙ですが金額か回数かの違いということになるようです。